お叱りも励ましも、感謝しております。
励ましのお声は、とてもとてもうれしいです。
自らの過ちが招いたことですので、頂く励ましは本当に過分なほどでございます。
そして、お叱りもありがたいのです。
お怒り、お悲しみの方は、いまでもおおぜいいらっしゃるはずなのです。
そのおひとりおひとりのお気持ちを、私どもはうかがい知ることができません。
お怒りやお悲しみを、他者に伝えるということ、
それが元凶の張本人にであれば尚のこと、たいへんなエネルギーを要するはずなのです。
ちからを振り絞って、あえてお気持ちを伝えてくださる方々には、感謝しかございません。
そのようにして教えてくださることごとに、私どもは日々気づきを頂いております。
本当にありがとうございます。
保健所さまより社会復帰の許可を頂いて、3日が経ちました。
本日夕刻、患者は自らの生活圏に戻ってゆきました。
患者本人も、家族である私どもも、このことの全てを忘れずに胸に刻んでまいります。

扇長薬局


0125.jpg