皆さまからの励ましで、早い完治を得られたと思っております。

そしてまた、入院中のケアも素晴らしいものだったと聞いております。

患者は入院後2日ほどで平熱に戻り、日に日に回復しておりました。

体力的にはひとりでも問題なく歩けたそうですが、廊下の移動は、ほんの10mでも「車椅子」に乗せられていたとのことです。

きっと、床などへの接触を避けるためなのでしょうね。

もはや元気な若者が「車椅子」に座り、わずかな距離を押して頂くのですから、とても心苦しい気持ちになったと申しておりました。

また、入浴時には、それまで着ていたものを、毎回「ぜんぶ捨てる」決まりのようでした。

そのため、途中で着替えを届けるよう指示がございました。

ふだんのお気に入りを捨てることになっては・・・と思い、
友人にお願いして100円ショップでいろいろ買ってきて頂いたりしておりました。

このように、徹底した衛生管理に随所随所で驚かされました。

多くのプロフェッショナルな方々のお力添えを頂き、現在に至っております。

本当にありがとうございます。


扇長薬局



車椅子移乗_imgs-00012.jpg