前にチラリと書きました、日本解剖学会の 復顔シンポジウム に行ってきましたよ~。

 

この写真が 「長岡藩のお殿様」 のひとり、 「6代目藩主 牧野忠敬公」 だそう。

お墓から出た頭蓋骨を 「3Dコピー」 し、その複製の骨に肉付けして 「生前の顔を復元」 するというもの。

テキト~に勘でやっつけちゃうんじゃなく (笑)、キッチリ 「筋肉 → 脂肪 → 皮ふ」 の順で盛ってゆく!

そのデータの取り方、最新技術などなどのお話を聴けて、すご~く面白かったです!

 

いつか自分でもやってみたいくらい ・・・! (笑)

 

千晴

 

 

P3280003 (2).JPGanat124_shiminsympo.jpgP3290072 (3).JPG