多くの川と肥沃な土地を生かし、古くから米作りが盛んな新潟県。

米は食料としてだけでなく、財産や税金の代わりとしても使われていました。

また、稲作は日本の産業の中心であり、かつて新潟県の人口は全国1位を誇っていました。

田んぼの開発に伴う整地、用水路や排水路など、今日の美田「越後平野」になるまでに

ついて学習します。

◆日 時  11月15日(水)午後1時30分~3時

◆講 師   澤田 修(長岡地域振興局)

◆会 場   ふぁみりあ(見附市学校町1-3-70)

◆参加費   無料

◆申込み  ふぁみりあ(0258-62-1915)

主催:学びの駅ふぁみりあ  協力:まちの駅ネットワーク

くわしくはチラシをご覧下さい↓
農業用水・排水の役割 チラシ.pdf