山に落ちた雨の滴が里へと下り、支流を集め、見附市の中を流れる

一級河川「刈谷田川」を経て、大河「信濃川」となって海に注ぐ!

市民生活(利水と排水)と大いに関係している刈谷田川と、

川の両岸を繋いでいる生活に欠かせない橋について、

刈谷田川に架かる橋をバスで巡り、名前の由来や構造について学びます。

 

 日 時   6月20日(火)午後1時~午後5時

◆ 集 合  12:50 ふぁみりあ(見附市学校町1-3-70)

◆ 講 師  近藤 公(見附市在住、県地学研究会々員)

◆ 内 容  刈谷田川に架かる全部の橋をマイクロバスで巡る現地学習
        (刈谷田川ダムの橋から~信濃川へ入る所まで)

◆ 参加費 1,000円(保険料、資料代等)

◆ 申込み ふぁみりあ(TEL0258-62-1915)

くわしくはチラシをご覧ください。
刈谷田川・橋ものがたりチラシ.pdf